文章作成に重要なことは文体統一と2度の見直し

文書作成に関して気をつけなければならないことは、まず、文体を統一させることです。「です、ます」調で書くのか、「だ、である」という形で書くのかをはっきりさせていかなければなりません。文章を書いているとありがちなのが、気持ちが高まってしまうあまり、話し言葉のように書いてしまうということがありますが、それでも良いので、書いたあとに文体を統一させるようにしましょう。読んでいる側が混乱してしまいます。

また、物語なのかブログ記事なのかによっても書き方が違ってきます。小説ならば文頭に一字スペースを空けて書く必要がありますし、ブログ記事のような軽い形のものであれば、そこまでスペースを意識して書くこともありません。ただ、何行かに一度は空行を入れて読者が見やすいようにしましょう。

一度書いたあとはざっと見直し、余分な言い回しや句読点の打ち過ぎなどをチェックしていきます。その後、もう一度見直して、第三者目線で読んでも違和感を感じない状態にしてから完成とします。
文書作成やコピーライティングに関してはこちらのサイトがとても勉強になりますので
宜しければ参考にされてみてください。

http://mrhiro.net/

このページの先頭へ